Takeyama
Koichi

売買部門 次長 宅地建物取引士 福祉住環境コーディネーター2級

竹山 浩一たけやま こういち

 紹介画像

好きなことや趣味
毎日30分の散歩と休日のトレッキング、ゴルフ(スコアは100くらい)、競馬(約30年勤めた元の仕事ですが、馬券はめったに当たりません。)、和装(袴まで全部一人で着られます。)
寺社巡り-お寺好きが高じ、僧侶の資格もとりました。
最近 感動したこと
初めてお手伝いをさせていただいた土地の売買の手続きが完了した時に、「何とかお客様のお役に立てた。」と感じたことかと思います。実は、それから2年も経っておりません。
チャレンジしたいこと
不動産の売買にあたっては、事前に相続等の手続きが必要となることがあります。
また、不動産を所有するだけでも、売却、又は相続、遺贈など、将来についての意思表示が必要となることがあります。
そのような不動産に関するご相談を幅広く受けられるよう、資産、相続に関する知識の習得に努めるとともに、資格にもチャレンジしていきたいと思います。
その他
元の仕事を50歳で早期退職し、私と妻の故郷である函館にUターンして来ました。
帰函後は、量販店などでアルバイト生活をしていましたが、"一人の客"として当社を訪問したところ、宅建士の資格を持っていたことで、急遽採用されるという不思議なご縁をいただきました。
”不動産業未経験”ながら、ほぼ当初から売買を担当することとなりましたが、周りの指導と協力のおかげで、採用からまる2年何とかやっています。
仕事のこだわり
不動産の売買は生き物に例えられることもあり、需給のバランスによっては、大きな価格の変動もありますが、多くの場合、客観的な査定に近い価格で取引きされています。
私は、まずは客観的な根拠に基づく査定額を提示したうえで、お客様のお気持ちやご事情に沿った販売活動を行うよう心掛けています。
お客様へ
お住まいのご購入は”一生に一度の大事業”であることが多く、お客様には、ご期待とともにストレスも生まれやすいようです。
ストレスを和らげ、安心してお住まいをお選びいただくには、物件について、”ありのまま”をお伝えするとともに、”適度な遊び心”をもってお手伝いすることが重要と考えています。

Staff list